縮毛矯正は雨の日にしてもOK?【不安な人はこれを読んで!】

縮毛矯正は雨の日にしてもOK!【不安な人はこれを読んで!】

  • 縮毛矯正の日に雨が降ってる・・
  • 雨の日でも施術に影響出ないの?
  • 対策があるなら知っておきたいです

こういった悩みに答えます!

このページの内容

  1. 縮毛矯正は雨の日にかけてもいいのか
  2. 雨の日でもまったく問題がない理由
  3. 縮毛矯正前に知っておくべきポイント

縮毛矯正の日に雨って、かなりテンション下がりますよね・・。

しかし雨の日でも、縮毛矯正に影響はありません。

むしろ、雨だからこそのメリットもありますよ。
その辺りも、記事内でお伝えしていきますね!

このページの監修者

中川俊樹

EXCIA代表 中川俊樹

大阪の梅田にある美容院、EXCIA(エクシア)の代表。くせ毛に悩む方のために専門サロンを立ち上げ、100名以上の髪質改善に取り組んでいる。ダメージケアに力を入れており、独自の技術とノウハウでその人に合ったストレートヘアを提供している。

当サイトについて

トライサロンについて

当サイト「トライサロン」は、縮毛矯正と髪質改善の正しい情報を発信するメディアです。

縮毛矯正と髪質改善によって髪をケアする2名のライター(さやか と ゆうすけ)の原体験を元に、髪でお悩みの方に適切な情報を届けます。

「雰囲気よくなったね!」と言われる未来のために、当サイトの情報をぜひ参考にしてください!

縮毛矯正は雨の日にかけてもいい?【OKです!】

縮毛矯正は雨の日にかけてもいい?【OKです!】

雨の日でも問題ありません。

雨のせいで矯正の効果が落ちる・・なんてことはありませんよ!

雨の日でも大丈夫な理由

理由は、縮毛矯正の仕組みにあります。

縮毛矯正の仕組み

※1剤・2剤とは、髪に塗る薬剤です。(白いクリームのようなもの)

つまり縮毛矯正でやることは、下の3つです。

  1. 1剤でクセを取る
  2. アイロンでクセを伸ばす
  3. 2剤でストレート状態を固定

雨の日は湿気が多いから、施術に影響が出そう・・と思う方も多いでしょう。

しかし縮毛矯正(上のステップ)では髪質(髪の結合)ごと変えているので、湿気といった影響はそもそもないのです。

なので、雨の日に縮毛矯正をしても全く問題ありません。

さやか

雨で落ち込んでた方も、安心してください!

むしろ雨の方が良いかも!

雨の日の方が、精度が高まる可能性があります。

というのも、雨の日は髪がうねりますよね。
つまり美容師さんからすると、その人本来のクセ度合いを見れるわけです。

つまりまとめると

  • 雨が降りクセが出ると、
  • 本来のクセ度合いがよくわかる
  • どれくらいの矯正をかけるべきかも分かる

こんな感じです。

なお先ほど出てきた1剤と2剤は、担当美容師さんがその人に合った調合を行います。

なのでクセ度合いを理解できればできるほど、薬剤のマッチ率も高くなるのです!

さやか

雨だと落ち込みますが、意外なメリットもありますね!

ちなみに当日の手順も見ておきたい方は、下記の記事もどうぞ!
実際の縮毛矯正の風景を写しています。

雨の日に縮毛矯正をかけるなら知っておきたいポイント

雨の日に縮毛矯正をかけるなら知っておきたいポイント

下記3点も知っておきましょう。

雨の日だからこそ、気をつけるべきポイントもあります。

知っておきたいポイント

  1. 髪が濡れたらすぐ乾かす
  2. うねりが出たら美容院に連絡する
  3. ヘアケアは欠かさずにおこなう

その①:髪が濡れたらすぐ乾かす

帰り道に髪が濡れた場合、家ですぐ乾かしておきましょう。

雨で濡れて縮毛矯正が取れる・・ということはありません。
しかし、「髪が濡れる=傷みやすい状況」にあるのです。

縮毛矯正後はただでさえ髪が傷んでいますので、自然乾燥は避けておくべきでしょう。

その日にシャンプーはOK?

シャンプーおよびシャワーもOKです。

よく「施術後24〜48時間はシャンプーしてはダメ」というコメントがありますが、それは一昔前の話になります。

現在は薬剤の成分も進化していますので、その点で悩む必要はないでしょう。

とはいえ、一応担当の美容師さんに「今日シャンプーしても良いですか?」と聞いてみてください。

この点は、美容師さんの指示に従うのがベストですので。

その②:うねりが出たら美容院に連絡する

うねりを確認した場合、すぐに美容院へ連絡しましょう。

うねりが出るのは、基本的に施術のミスが原因です。
特に雨の日の次にうねった・・ともなれば、それは矯正がうまく効いていない証拠でしょう。

さやか

雨の日は湿気が多いので、施術がうまくいったか、すぐ判断できると思いますよ!

連絡は7日以内に!

ほとんどの美容院では、サポート期間が用意されています。
この期間に連絡すれば無料で対応してくれるはずですので、早めに連絡すべきです。

なので美容院に、サポート期間の日数も聞いておくべきでしょう。

なお1ヶ月も超えると美容院が原因か分からないため、対応はむずかしくなります。
気になる点があれば、細かい話でも聞いてみましょう!

さやか

自分の髪です!

へたに遠慮せず、気になったことは電話などで聞くべきですよ!

③:ヘアケアは欠かさずにおこなう

縮毛矯正は、アフターケアが重要です。

ヘアケアをさぼると、縮毛矯正がうまくいっても髪がごわごわになり、余計お手入れが大変になる可能性もあるくらいですので。

なので、ヘアケアにも力を入れてみましょう!

美容師さんに聞いてみよう

ヘアケアとはいえ、どういったシャンプー・オイルを使うべきか、正直分からないですよね。

なのでここは、美容師さんに相談するのが1番です。

美容師さんは、あなたの髪質を1番理解してくれているので、具体的な商品をその場で紹介してくれるでしょう。

とはいえ、提案された商品が高すぎる場合もありますよね。当サイト”トライサロン”が厳選したグッズも紹介しておきますので、こちらも参考にしてみてください!

さやか

良かった商品3つをまとめます!

▲おすすめシャンプー

▲おすすめトリートメント

▲おすすめヘアオイル

まとめ:雨の日でも縮毛矯正はOK!

雨の日でも、心配する必要はありません。

それよりも、縮毛矯正後のヘアケアなど、そちらに注目した方が良いでしょう。

縮毛矯正は美容師さんの仕事ですが、日々の手入れはあなたの仕事です。
ヘアケアもきちんと行えば、さらさらヘアをより持続できます。

美容師さんおよびトライサロンが厳選したグッズも参考に、ヘアケアにも力を入れてみましょう!