縮毛矯正した髪にパーマはOK?同時にかけるのはNG?【プロが回答】

縮毛矯正した髪にパーマはOK?同時にかけるのはNG?【プロが回答】

ただのストレートヘアには飽きたなぁ・・
矯正した髪の毛にパーマを当てるのはありなの?
そもそも同時にかけることはできるのかな?

こういったお悩みに答えていきます!

このページの内容

  1. 縮毛矯正をした髪にパーマをかけてもいい?
  2. 縮毛矯正とパーマを同時にかけることはできる?
  3. パーマをかけるなら知らないとマズイ3つのポイント

縮毛矯正をかけると理想的なストレートヘアにはなりますが、パーマもかけて毛先にふんわりとしたカールが欲しい!と思う方も多いでしょう。

しかし縮毛矯正×パーマのダブルパンチで髪は傷まないのか・・施術後にチリチリにならないか・・といった面も気になりますよね。

今回は縮毛矯正とパーマをかけたい人が知らないとまずいポイントを分かりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください!

このページの監修者

中川俊樹

EXCIA代表 中川俊樹

大阪の梅田にある美容院、EXCIA(エクシア)の代表。くせ毛に悩む方のために専門サロンを立ち上げ、100名以上の髪質改善に取り組んでいる。ダメージケアに力を入れており、独自の技術とノウハウでその人に合ったストレートヘアを提供している。

当サイトについて

トライサロンについて

当サイト「トライサロン」は、縮毛矯正と髪質改善の正しい情報を発信するメディアです。

縮毛矯正と髪質改善によって髪をケアする2名のライター(さやか と ゆうすけ)の原体験を元に、髪でお悩みの方に適切な情報を届けます。

「雰囲気よくなったね!」と言われる未来のために、当サイトの情報をぜひ参考にしてください!

縮毛矯正をした髪にパーマをかけてもいい?

縮毛矯正をした髪にパーマをかけてもいい?

結論、パーマをかけてもOKです。

しかし縮毛矯正やパーマは髪の毛を傷めてしまう施術のため、少し注意が必要になってきます。

パーマはOKだけど、”髪の傷み”に注意!

縮毛矯正をかけると、基本的に髪は傷みます。

それもそのはずで、縮毛矯正では髪に薬を塗りこみ、その上で150℃以上のアイロンで髪を伸ばす作業をしますので。

そして髪のダメージ上限を超えてしまうと、毛先がチリチリになってしまう可能性もあります。

さやか

チリチリ毛だけは絶対避けたいですよね・・

ヘアケアは必須

そのためパーマをかける方は、ヘアケアにきちんと力を入れておきましょう。(ページ後半でおすすめのヘアオイル・シャンプーも紹介しています!)

なおヘアケアの詳細は、担当してもらう美容師さんに「どんなオイル、シャンプーを使うべきですか?」と一度聞いてみるのも良いでしょう。

美容師さんはあなたの髪質を1番理解している方なので、最適なアイテムを紹介してくれるはずですよ!

パーマをかけるならデジタルパーマがおすすめ!

実はパーマにも、種類があります。

パーマの種類

  • コールドパーマ
  • ホットパーマ(デジタルパーマ)

一般的なパーマは「コールドパーマ」でして、こちらは機械を使わずに薬剤の力だけでスタイリングします。

しかしコールドパーマの効果は弱く、縮毛矯正をかけた髪に当てても全くアレンジがきかない・・といったことは多々あるようです。

デジタルパーマは効き目が強い

その一方デジタルパーマは、上記のような機械を使用します。

そのため縮毛矯正でストレートになった髪をふんわりとカールさせることも可能でして、あなたが思い描くヘアスタイルを実現することも可能ですよ!

注意
ただその分ダメージも大きくかかりますので、ここは美容師さんとよく相談しましょう。

空けるべき期間は?

すでに縮毛矯正をしている場合、施術から2〜3ヶ月の期間は空けた方が良いでしょう。

というのも髪にダメージが溜まっており、チリチリ毛になるリスクがあるからです。

髪に栄養を補給しよう

縮毛矯正をすると、髪にダメージが残ります。
これはつまり、髪に栄養がない、という状態です。

なのでオイルやシャンプー、トリートメントを使用して、髪に栄養を与えてあげましょう。

MEMO
一度傷んでしまった髪のダメージレベルは元には戻りません。しかしそれ以上のダメージを与えないためにヘアケアをする、というイメージです。

縮毛矯正とパーマを同時にかけることも可能

縮毛矯正とパーマを同時にかけることも可能

そもそもですが、縮毛矯正とパーマを同時にかけることもできます。

同時にかければ美容室に行くのも一回で済むため、便利ですよね。

毛先だけ内巻きのふんわりヘアもできる

ふんわりヘアも、1回の施術で実現可能です。

具体的には根本のクセを縮毛矯正で伸ばし、毛先をパーマもしくはアイロン技術でカールさせていく形です。

ただし、上で書いた施術は美容院の中でもハイパークラスに難しいものです。

縮毛矯正が上手い美容師さんじゃないと、「思ってたイメージと違う・・」なんてことにつながります・・。

縮毛矯正が上手い美容師さんに頼もう

縮毛矯正+パーマは、難しい施術です。

カットが得意でも、実は縮毛矯正は苦手・・という方も一定数いるくらいですので。

さやか

ですので、縮毛矯正を得意としている美容師さんにお願いしましょう!

上手い美容師さんの見分け方

縮毛矯正が得意な人=施術回数が多い人、です。

そのため、

  • 美容師歴が長い人
  • 縮毛矯正専門店の人

に施術をお願いすることがベストでしょう。

たとえば当サイトの記事監修を行う中川さんの美容室”EXCIA”は、「くせ毛とダメージケアの専門サロン」でして、縮毛矯正をしたい方向けの専門店になっています。

ですので「縮毛矯正 専門店」とググってみて、その道のプロを探してみましょう。

さやか

きっと、より良い美容院が見つかりますよ!
MEMO
縮毛矯正やパーマを行う際は、その人の髪質をチェックしてから、薬剤配合を行います。つまり100人いれば、100通りの施術が必要になってくる職人仕事です。

つまり経験が浅い人に任せてしまうと、、頼んでたイメージと全然違う!なんてことにもつながります。

できるだけ、経験が豊富な人・専門店の人に頼むようにしておきましょう!

縮毛矯正+パーマにかかる料金は?

料金は、1万5千円〜2万円が相場です。

とはいえこの辺りは店舗によってまちまちですので、美容室に確認してみてください。

なお、店舗によっては「縮毛矯正+パーマ」というメニューが表記されていない場合もあります。

この場合でも、してほしい内容を伝えれば対応してくれる所がほとんどですので、まずは気軽に連絡してみましょう!

縮毛矯正とパーマを施術するなら知らなきゃマズイ3点

縮毛矯正とパーマを施術するなら知らなきゃマズイ3点

さて、最後に重要事項をチェックしておきましょう!

知っておくべき3つのポイント

  • 失敗する可能性も頭に入れておく
  • ヘアケアをきちんと行う
  • 経験豊富な美容師さんにお願いする

その①:失敗する可能性も頭に入れておく

繰り返しですが、縮毛矯正とパーマは髪を傷める施術です。

そのためチリチリ毛にはならなくとも、髪の状態次第では思うようなスタイリングができない可能性もあります。

なので美容師さんに「施術は厳しいです」と言われたら、別のヘアスタイルを考えてみるべきでしょう。

さやか

似合うヘアスタイルは、きっと1つだけではないはずなので!

その②:ヘアケアをきちんと行う

ヘアケアは必ず行っておきましょう。

施術後の髪は傷みやすく、紫外線を浴びるだけでチリチリ気質が出たり、矯正が取れる・・という事態にもつながりますので。

おすすめケアアイテム

シャンプー・トリートメント・ヘアオイルのおすすめ品を1つずつ紹介します。

おすすめのシャンプー

おすすめのトリートメント

おすすめのヘアオイル


上の3つは、どれも一級品です。

気になる人に「髪さらさらだなぁ」と思われるためにも、使用をおすすめしますよ!

その③:経験豊富な美容師さんにお願いする

やはりここが1番たいせつです。
どれだけヘアケアにこだわっても、美容師さんが失敗するとどうしようもありません。

なので先ほども書きましたが、

  • 美容師歴が長い人
  • 縮毛矯正専門店の人

に施術をお願いすることがベストです。

美容室を変えるのはイヤだなぁと思う人もいるかもしれませんが、最高の結果を求めるならいくつか店舗を調べることをおすすめします!

さやか

特に専門店なら、思った通りに仕上げてくれる場所がほとんどですので!

まとめ:縮毛矯正とパーマで理想の髪型へ!

髪型がきまれば、その日の気分は超絶に良いですよね。

そのためにも、美容室選びやヘアケアは不可欠です。

鏡を見て「今日もイケてるじゃん!」と思える毎日のために、ぜひ理想の髪型を追い求めてみてください!