縮毛矯正後にうねりが残った場合はどうすべき?【やり直しは可能?】

縮毛矯正後にうねりが残った場合はどうすべき?【やり直しできる?】

  • 縮毛矯正したのにうねってる・・
  • こういう場合、美容院に連絡すべき?
  • このモヤモヤ感抱えて過ごすのはキツイなぁ

こういった悩みに答えます!

このページの内容

  1. うねりが残ったら美容院に連絡しよう!
  2. 微妙なうねりがある場合の対処法
  3. 縮毛矯正でうねりが残る原因とは

うねりが残ってしまうと、とにかく悲しいですよね。

しかし適切な対応をすれば、そのうねり毛も解消できますよ!

うねりが残った場合の対処法を、体験談も合わせてまとめていきます!

このページの監修者

中川俊樹

EXCIA代表 中川俊樹

大阪の梅田にある美容院、EXCIA(エクシア)の代表。くせ毛に悩む方のために専門サロンを立ち上げ、100名以上の髪質改善に取り組んでいる。ダメージケアに力を入れており、独自の技術とノウハウでその人に合ったストレートヘアを提供している。

当サイトについて

トライサロンについて

当サイト「トライサロン」は、縮毛矯正と髪質改善の正しい情報を発信するメディアです。

縮毛矯正と髪質改善によって髪をケアする2名のライター(さやか と ゆうすけ)の原体験を元に、髪でお悩みの方に適切な情報を届けます。

「雰囲気よくなったね!」と言われる未来のために、当サイトの情報をぜひ参考にしてください!

縮毛矯正後にうねりが残ったら、美容院にすぐ連絡しよう!

縮毛矯正後にうねりが残ったら、美容院にすぐ連絡しよう!

結論、まずは美容院に連絡しましょう。
これが1番ベストな方法です。

そして連絡すれば、以下2つどちらかの対応になるでしょう。

うねりが残った場合の対応

  • やり直し
  • 返金対応

さやか

それぞれ、どういった内容・流れになるかまとめます!

その①:やり直し(かけ直し)

やり直しがベストな選択になるでしょう。

髪がうねっている以上、もう一度矯正しないことには解決できませんので。

やり直しでやること

  1. うねり箇所の確認
  2. 適切な薬剤の配合
  3. もう一度矯正をかける

こういった流れです。
2回目はうねりの箇所を特定して行うため、うねり問題はほとんどの場合解決できます!

さやか

実は私も、かけ直しをお願いしたことがあります。丁寧に対応してもらえたので、次の日からはまたストレートヘアを楽しむことができました!

1週間以内に連絡しよう!

どこの美容院も、最低1週間のサポート期間を作っています。そのため1週間以内に連絡すれば、無料でやり直しができますよ。

ちなみにサポート期間を2週間にしている場所もありますので、ここは受けた美容院を確認してみてください!

期限が過ぎてる場合

気づいたらもうサポート期間が過ぎてた・・という場合もあるでしょう。

それでも、まずは美容院に連絡してみてください。
値下げ対応をしてくれる場合もあります。

さやか

私は5日ほどサポート期間をこえてましたが、半額でやり直しをしてもらえました。こういう時に丁寧な対応をしてくれる美容院はありがたいですよね。

うねりがある場合、やり直しをしてもらうことがベストでしょう。できるだけ早く、美容院に連絡することをおすすめします!

MEMO
やり直しの基準や他店舗に行くべきか・・という点で悩む方は、このページ後半の「やり直しする人が知っておくべき点」を参考にしてください

その②:返金対応

縮毛矯正は、やはり髪が傷みますよね。
それを短期間の間に繰り返すのは、不安も大きいはずです。

そんな時は、返金対応が1つの手段になります。

注意
返金対応の基準は美容院によりますので、まず連絡してみましょう。

短期間の縮毛矯正はマズイ?

結論から書くと、人によって分かれます。

ただ、やり直しをした影響で髪がチリチリになる・・ということは少ないように思えます。
なので、大きく不安を抱える必要はありませんよ!

というのもやり直しでは、髪にダメージが入らないよう使用する薬剤を弱くしたり、細心の注意が払われますので。

とはいえ、髪が多少傷んでしまうことも事実です。

髪の傷みがかなり気になるなら、返金をお願いするのも良いでしょう。

微妙にうねりが残っている場合の対処法

微妙にうねりが残っている場合の対処法

大きくうねってるわけじゃないけど、、鏡を見るとどこか違和感を感じてしまう。ストレートっちゃストレートだけど、しっくりこないなぁ。でもこれでやり直しをお願いしても良いのかな・・。

こんな場合も、きっとあるはずです。
そんな時の対処法は、以下2つになるでしょう。

微妙にうねりが残っている場合

  • 不安なら美容院に連絡する
  • ヘアアイロンで調整する

対処法①:不安なら美容院に連絡する

やっぱり、プロに聞くのが1番です。

そもそもお金を払ってサービスを受けているため、こういった相談をする権利はあります。

ただ優しい人は、「こんなことで相談したら迷惑がられるかな・・」と思うかもしれません。
しかし、気持ちがスッキリしないなら勇気を出して連絡してみるべきですよ!

さやか

美容師さんもきっと丁寧に対応してくれますよ!私の場合もそうでしたので!

素っ気ない場合は注意しよう

連絡をして、どこか素っ気ない対応をされた場合、店舗を変えるいい機会かもしれません。

髪は命です。
自分ごとのように考えてくれる美容院を探したほうが、今後のためにもなるでしょう。

対処法②:ヘアアイロンで調整する

こちらはシンプルですね。
少し面倒ですが、多少のうねりならヘアアイロンで日々調整するのも良いでしょう。

この場合、縮毛矯正を受けないため、髪に大きなダメージを与えることもありません。

 

さやか

髪への傷みを極力避けたい、これからカラーも入れたいと思う方は、ヘアアイロンで対処するのが無難です。

ヘアケアも忘れずに!

言うまでもありませんが、ヘアケアも欠かさず行いましょう。

縮毛矯正をしてる時点で髪はかなり傷んでいますので、ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)等でケアしておくのは必須になります!

参考:おすすめのヘアオイル

ヘアオイルも良品を使えば、それだけでかなり変わります。特にアイロンを当てる前には、必ず使っておきたいとことですね。

さやか

ということで、参考までに当サイト”トライサロン”が厳選したヘアオイルを紹介します!

縮毛矯正をかけるほどではないな・・という”うねり”ならアイロンで調整することをおすすめします。

やはり、髪を傷めると艶感などが消えてしまいますので。

縮毛矯正のやり直しをするなら知っておくべき点

縮毛矯正のやり直しをするなら知っておくべき点

下記3点をまとめておきます。

  • やり直しの基準は?
  • かけ直しすると傷む?
  • やり直しはやっぱり気まずい?

やり直しの基準は?

明確な基準はありません。

そのためうねりの内容を伝えた後、お店でやり直しをすべきか確認・・という流れになるでしょう。

かけ直しすると傷む?

やはり、髪は傷みます。
ここは仕方ない点でしょう。

とはいえ、美容師さんも細心の注意を払って施術をしますので、大きな不安を抱える必要はありません。
※髪にダメージが蓄積しすぎている場合は、「今の状態ではやり直しはできません」とまず伝えられるはずです。

さやか

でも髪が傷むことは事実なので、ヘアケアは絶対やっておくべきですよ!

やり直しはやっぱり気まずい?

やり直しって、遠回しに施術ミスを伝えてるし、しかも無料となれば気まずそう・・

こう思う方も多いでしょう。
しかし、、ここは仕方ないことなので、あまり気にしないほうが良いですよ。

そこで素っ気ない対応をされたら店舗を変えるべきですし、「気まずいかな・・」と考えないようにしておきましょう。

さやか

アドバイスが弱くてすいません・・。
しかし、ここはあなたが悩む点ではありませんよ!

そもそも縮毛矯正でうねりが残る原因とは

そもそも縮毛矯正でうねりが残る原因とは

そもそも、うねりが残る原因はどこにあるのでしょうか?

薬剤配合のミスが原因

原因は、縮毛矯正に使う薬剤(頭に塗った液状の薬)にあります。

この薬剤があなたのクセに合っておらず、うねりが残ってしまったわけです。

縮毛矯正はむずかしい施術

縮毛矯正は、1番むずかしい施術とも言えます。

そのため技術力がはっきり分かれる施術でして、値段は同じでも出来栄えが違う・・というのはよくあることです。

さやか

なので最近は、縮毛矯正の専門店もたくさん出店されていますよ!

お店を変える選択も持っておこう

やっぱり自分の髪のクセは一級品で、誰も治すことなんかできない。たとえ縮毛矯正でも、この頑固な髪は治らないんだね・・

こう考える方も多いでしょう。
しかし、そんなことはありません。

先ほども書きましたが、縮毛矯正は技術力が分かれる施術です。
たとえあなたの髪が世界一頑固でも、縮毛矯正の仕組み上ストレートにすることは可能ですよ。

なので勇気がいるかもしれませんが、「店舗を変える」という選択肢も持っておくべきでしょう。

さやか

現在は都心部を中心に、技術力が高いお店がたくさんありますよ。ぜひこの機会に調べてみましょう!

まとめ

うねりが残っていると、とにかく悲しいですよね。

とはいえどの店舗でもやり直しは無料で行えますし、まずは連絡をしてみましょう。

髪の悩みはつらく、大変ですよね。
しかし綺麗な髪になるため、できることはすべてやっておきましょう!