【今日からできる!】縮毛矯正でチリチリになった場合の直し方とは

【今日からできる!】縮毛矯正でチリチリになった場合の直し方とは

  • チリチリになった・・
  • どうすれば治るのかな・・
  • 今日からできる対策を知りたい

こういった悩みにお答えします!

このページの内容

  1. 縮毛矯正でチリチリになる原因
  2. チリチリ毛・ビビリ毛の直し方
  3. チリチリになった後にすべき行動

あれ、縮毛矯正を受けたのに髪の毛チリチリじゃない・・?

こんな悩み、抱えたくなかったですよね。
しかし、なってしまったものは仕方ありません。

原因さえ分かれば、今日からでもできる対策はありますよ!

落ち込んでいる方も安心してください。
綺麗な髪を、取り戻しましょう。

このページの監修者

中川俊樹

EXCIA代表 中川俊樹

大阪の梅田にある美容院、EXCIA(エクシア)の代表。くせ毛に悩む方のために専門サロンを立ち上げ、100名以上の髪質改善に取り組んでいる。ダメージケアに力を入れており、独自の技術とノウハウでその人に合ったストレートヘアを提供している。

当サイトについて

トライサロンについて

当サイト「トライサロン」は、縮毛矯正と髪質改善の正しい情報を発信するメディアです。

縮毛矯正と髪質改善によって髪をケアする2名のライター(さやか と ゆうすけ)の原体験を元に、髪でお悩みの方に適切な情報を届けます。

「雰囲気よくなったね!」と言われる未来のために、当サイトの情報をぜひ参考にしてください!

縮毛矯正でチリチリ・ビビリ毛になる原因とは

縮毛矯正でチリチリ・ビビリ毛になる原因とは

なぜチリチリになったのでしょうか。
理由と原因をチェックしてみましょう。

チリチリ・ビビリ毛になる原因

  1. 美容師さん側のミス
  2. アイロンによるダメージ
  3. カラー等を一緒に行った

原因①:美容師さん側のミス

原因①:美容師さん側のミス

大半はここでしょう。
縮毛矯正はむずかしい施術のため、小さなミス1つでも、チリチリになる可能性はあります。

よくある原因は、以下の2点です。

よくあるミス

  • 薬剤のつけすぎ
  • アイロンによるオーバーワーク

この2点が原因で、あなたの髪にダメージが入りすぎた可能性があります。

再び縮毛矯正がベスト

髪の状態にもよりますが、チリチリすぎて髪の毛が広がっている場合は、縮毛矯正をかけ直すことをおすすめします。

残念なことに、一度傷んだ髪を修復することはできません。
なので強引ではありますが、縮毛矯正で治す方法が有力でしょう。

違う店舗を検討するのもOK

一度失敗された店舗では不安だ・・と思う方も多いでしょう。

なのでその場合、違う美容院にお願いすることもありでしょう。

事情をきちんと説明すれば、あなたの髪質にあった最適な施術を受けられるはずです!

一度失敗されると、縮毛矯正に対するイメージは悪くなりますよね・・。
しかし腕のいい美容師さんなら、きちんと綺麗にしてくれますよ!

綺麗な髪作り

さやか

下記のような綺麗な髪作りは、美容師さんの腕にかかっています!

原因②:アイロンによるダメージ

原因②:アイロンによるダメージ

アイロンのかけすぎも、チリチリの原因になります。

縮毛矯正後はただでさえ髪が傷んでいますので、しつこくかけすぎるのはNGです。

ヘアオイルでなんとかなる!

美容院に相談するほどではないかも・・という状態なら、ヘアオイルで修復も可能です!

朝のドライヤー・アイロン前に髪に馴染ませるだけで、艶髪っぽくなる例は多くありますので。

さやか

記事後半の「補修剤でヘアケアを行う」にておすすめのオイルも紹介しています!
オイル1つでさらさら感が出る!というのはよくありますよ! 

原因③:カラー等を一緒に行った

原因③:カラー等を一緒に行った

縮毛矯正と同時にカラーやパーマを当てた場合、チリチリになる可能性は大いにあります。

親切な美容院なら伝えてくれる

髪に詳しい、親切な美容師さんなら「今の状態だと厳しいですよ」「同時の施術はむずかしいですよ」と伝えてくれるはずです。

なのでもし、そういった指摘がなかったのなら、、美容院を変えるタイミングかもしれません・・。

さやか

同時施術は美容師さんの中でもトップクラスにむずかしいメニューです。
なので経験が豊富な人じゃないと、失敗する確率は高くなります・・。

チリチリ毛・ビビリ毛の直し方

チリチリ・ビビリ毛の直し方

直し方は3つあります。
綺麗な髪を取り戻しましょう!

チリチリ・ビビリ毛の直し方

  1. ビビリ毛をカットする
  2. 再び縮毛矯正をかける
  3. 補修剤でヘアケアを行う

その①:ビビリ毛をカットする

その①:ビビリ毛をカットする

繰り返しですが、一度傷んだ髪はもう元通りにはなりません。

なので、髪の状態・見た目があまりにひどい場合はカットが有力な方法でしょう。

カットの際の注意点

  • ショートヘアだとキツイ
  • 印象が大きく変わる可能性も

ヘアスタイルによりますが、印象が大きく変わる場合もあるでしょう。

そのためヘアスタイルを維持したい方は、次の②・③の方法をおすすめします! 

その②:再び縮毛矯正をかける

その②:再び縮毛矯正をかける

「ビビリ毛治し」とも呼ばれる、再び縮毛矯正を行う少し強引な方法です。

再びストレート状にするので、見た目は大きく改善されるでしょう。

さやか

ただ髪に大きな負担をかけてしまうので、断毛するリスクもあります。

ここは美容師さんとしっかり相談するべきです。

やっぱりリスクは高い?

リスクは高いでしょう。
髪の状態にもよりますが、今以上に見た目が悪くなってしまうケースも少なからずありますので。

なお余談ですが、お客さんから相談があった場合「とりあえず縮毛矯正をかけ直す美容院」も一定数あります。

 

なので「この人に任せて大丈夫かな・・」と少しでも思ったら、違う美容院に相談することも大切ですよ!

その③:補修剤でヘアケアを行う

その③:補修剤でヘアケアを行う

1番リスクが低い対処法です。
ヘアオイルやトリートメントなどで、ヘアケアをこまめに行う方法になります。

髪は傷んでいると広がり、見た目が悪くなりますよね。
しかしヘアケアを徹底すれば、アイロン後のダメージも減り、艶髪スタイルへと仕立て上げることが可能ですよ!

注意
ただ厳密には、髪を修復しているわけではありません。
見た目を改善する方法ですので、そこはご理解ください。

おすすめのヘアケア剤

チリチリ・ビビリ毛の方には、ぜひ使ってみてほしいヘアケアグッズです。

私個人的には、ヘアオイルが1番効果的だと感じておりますので、それだけでも手元に置いておくべきでしょう!

おすすめヘアケア

縮毛矯正でチリチリになった後にすべき行動

縮毛矯正でチリチリになった後にすべき行動

具体的な行動パターンも紹介します。

3つのやるべき行動

3つのステップです。

その①:まずは美容院に相談

まずは美容院に連絡を取りましょう。

失敗されたとはいえ、美容師さんは髪のプロです。
髪の状態や、今後どうケアしていくのが最適なのか、まず聞いてみましょう。

その②:ヘアケアにこだわる

部分的にチリチリで、見た目に大きな支障がない場合はヘアケアで対処しましょう。

やはり再びの縮毛矯正はリスクが高く、かけ直しはあまりおすすめできません。

さやか

ヘアケア1つで、変わることは多々ありますよ!

その③:無理そうなら縮毛矯正

ヘアケアだけでは対処できない場合、縮毛矯正が最適解になるでしょう。

ただ髪の状態によってはできない可能性もあります。
ここは美容師さんに「どんなリスクがありますか?」など、積極的に聞くことをおすすめします。

MEMO

施術後1週間〜2週間は「サポート期間」のため、無料で施術してもらえるはずです!

ホームページに書いているはずですので、チェックしておきましょう。

補足①:返金はしてもらえる?

してもらえるでしょう。

ただ、サポート期間が過ぎている場合はむずかしいと思います。
なので「これビビリ毛・・?」と感じたら、すぐに連絡することをおすすめしますよ。

クレームみたいになってイヤだな・・と感じるかもしれませんが、勇気を持って連絡しましょう!

さやか

決して安くないお金を払っているはずです。
あなたの髪のためにも、不安がらずに聞いてみましょう! 

補足②:今後は店舗を変えるべき?

変えることをおすすめします。

縮毛矯正は、美容師さんの技術力に大きく左右されるメニューです。
なので今までの施術数が1000人の方と10人の方では、やはり出来栄えは変わります。

無理に変える必要はありませんが、失敗された以上、他店舗を検討した方が良いでしょう。

さやか

なお都心部には、縮毛矯正の専門店を中心に「ダメージレス」にこだわったプロ意識が高い美容院が数多く存在しますよ!

美容院を変えるのは少し緊張しますが、理想のスタイルのために店舗変えも考えておくべきでしょう。

まとめ:縮毛矯正でチリチリになっても諦めないで!

チリチリになっても、対処法はあります。

今日からできる方法としては、ヘアケアが1番手取り早いでしょう。

ヘアオイル1つで髪の質感が変わることは多く、とりあえずここを試すことをおすすめします!
>>おすすめのヘアケアグッズ一覧に戻る

失敗されると落ち込みますよね。
しかし適切な対処をすれば、綺麗な髪は取り戻せますよ!

あなたの髪の悩みが無くなることを願っております。