【知らないとマズイ】縮毛矯正×インナーカラーの相性は最悪?同時にできる?

【知らないとマズイ】縮毛矯正×インナーカラーの相性は最悪?同時にできる?

縮毛矯正とインナーカラーの相性は、正直よくありません。

しかし施術自体は可能でして、知らないとマズイ注意点を説明します。また、縮毛矯正を使わずに艶髪ストレートを作れるメニューも紹介します。

このページの内容

  1. 縮毛矯正×インナーカラーの相性は?
  2. インナーカラーはブリーチなしでできる?
  3. 縮毛矯正せずに綺麗なインナーカラーができる?

このページの監修者

中川俊樹

EXCIA代表 中川俊樹

大阪の梅田にある美容院、EXCIA(エクシア)の代表。くせ毛に悩む方のための専門サロンを立ち上げ、100名以上の髪質改善に取り組んでいる。ダメージケアに力を入れており、独自の技術とノウハウでその人に合ったストレートヘアを提供している。

当サイトについて

トライサロンについて

当サイト「トライサロン」は、縮毛矯正と髪質改善の正しい情報を発信するメディアです。

縮毛矯正と髪質改善によって髪をケアする2名のライター(さやか と ゆうすけ)の原体験を元に、髪でお悩みの方に適切な情報を届けます。

「雰囲気よくなったね!」と言われる未来のために、当サイトの情報をぜひ参考にしてください!

縮毛矯正×インナーカラーの相性は?

縮毛矯正×インナーカラーの相性は?

縮毛矯正とインナーカラー(イヤリングカラー)の相性は、正直よくありません…。

インナーカラーとは、つまりブリーチが必要ですよね。

ブリーチと縮毛矯正は美容院の中でもトップクラスにダメージを与えるメニューで、この2つをミックスするのは危険です。

どう危険なの?

最悪の場合、髪がダメージに耐えきれず、チリチリ状態になる可能性があります。

チリチリになった髪は基本的に修復できないため、カットして生え変わるのを待つしかありません。

そのためすでにダメージ毛である方は、避けておくことをおすすめします。

さやか

じゃあインナーカラーしてる髪に、縮毛矯正は当てれないのかな…

縮毛矯正をあてること自体は可能です

縮毛矯正をあてること自体は可能です

すでにインナーカラーをしてる髪に、縮毛矯正を当てること自体は可能です。

ここは、髪の状態・美容師さんの技術力の2点が重要でして、しっかりと相談することをおすすめします。

なお髪がかなり傷んでいる方は、美容師さんから「厳しいかも…」と言われるかもしれません。

理想のヘアスタイルにしたい気持ちはとても分かりますが、プロから「NO」と言われた場合は避けておくべきでしょう。後戻りできない状態になる可能性が大いにありますので…。

縮毛矯正とインナーカラーは同時にできる?

縮毛矯正とインナーカラーは同時にできる?

そもそも、縮毛矯正とインナーカラーを同時に行うことも可能です。

この場合は先に縮毛矯正を行い、数日後にインナーカラーを入れる…という流れになります。

美容師さんに前もって「インナーカラーもしたい」と伝えておけばその部分だけ薬剤を弱めて、できるだけダメージが溜まらないようにする工夫をしてもらえるはずです。

ちなみに同日に行うこともできますが、髪の傷み的に避けておくべきでしょう。

縮毛矯正で髪は不安定な状態になっているため、別日に分けるのがベストです。

インナーカラーはブリーチなしでできる?

インナーカラーはブリーチなしでできる?

ブリーチなしでも、インナーカラーを入れることは可能です。

ただブリーチなしではカラーが全体に馴染んでしまい、インナーカラーの良さである「ワンポイントだけ目立つ」という特徴が出ないケースもあります。

そもそもブリーチの役割とは

ブリーチとは、髪の色素を抜く脱色剤です。

ブリーチなしでは黒髪に色を強引に入れますが、ブリーチを使えば髪をまっさらなキャンバス状態にでき、その上から好きな色を発色させられる….というイメージです。

ブリーチなしの場合、明るいカラーを採用しよう

ブリーチなしの場合、明るいカラーを採用しよう

ブリーチを使用しない場合は、とにかく明るいカラーを入れてもらいましょう。

やはり全体の髪色に馴染んでしまう可能性が高く、人に言わないと気づかれないレベルになるケースもあります。

ただ金色などの原色に近いカラーは、ブリーチがあってこそ出る色合いでもあるため、スキルの高い信頼できる美容師さんを見つけることが1つのカギです。

とはいえ「ダメージ的にブリーチもしくは縮毛矯正はできそうにない…。」「でもやっぱり、綺麗なストレートでいい色を出したいよなぁ…。」

こう思うのが、正直な本音だと思います。

さやか

そんな方におすすめしたい方法が「髪質改善トリートメント」です。

多少のクセなら縮毛矯正せずに綺麗なインナーカラーにできる!

多少のクセなら縮毛矯正せずに綺麗なインナーカラーにできる!

縮毛矯正とインナーカラーの相性はよくありません。これは、薄々感じていたと思います。

でも綺麗なストレートヘアにしたいし、綺麗なインナーカラーを入れたい…。その部分を解決できるのが「髪質改善トリートメント」になるでしょう。

縮毛矯正を使わなくても綺麗な艶髪に!?

縮毛矯正を使わなくても綺麗な艶髪に!?

髪質改善トリートメントとは、髪に10種以上の栄養素を注入することで艶髪を作るメニューです。

縮毛矯正と違って強い薬剤を使用することもないため、大きなダメージはありません。

それでいて、下のような艶髪へと仕立て上げられるため、最近では「マツコ会議」で取り上げられるほど人気となっています。

実際の施術例

髪質改善の施術例
EXCIA(エクシア)さんの施術例

ただ、天パに近い強いクセは改善されず、すべての人におすすめできるわけではありません。

しかし上記の施術例に近い髪質なら、あなたのクセ毛はわざわざ縮毛矯正に頼らなくても改善できる可能性は十分にあるでしょう。

写真を使わせていただいたEXCIA(エクシア)さんでは、下2つのメニューがそれぞれ用意されているため、ぜひ参考にしてください!

エクシアのセットメニュー

髪質改善ケア:初回9,000円
→カット・トリートメント・頭皮ケア

 

カラーケア:初回13,000円
→カット・トリートメント・カラー

今だけ!初めての方は1,000円OFF!

エクシアの施術例を見てみる

まとめ

まとめ 縮毛矯正とインナーカラーの相性

縮毛矯正とインナーカラーは、両立できるメニューではありますが、危険性のある組み合わせです。

そのため「ダメージ毛の扱いに慣れている美容院」に頼むことは必須で、少しだけ探しておくことをおすすめします。

また最近は「髪質改善トリートメント」に切り替える方が多く、大げさなクセではないかなと思う方は、EXCIA(エクシア)さんのような美容院で試してみましょう!

髪質改善トリートメントはインナーカラーも綺麗に出せますし、大きなダメージを与えないのでおすすめです!

今だけ!初めての方は1,000円OFF!

エクシアの施術例を見てみる