美容師と理容師は何が違うの?

美容師と理容師の違いとは?

美容師と理容師は出来ることが違う!?

美容師と理容師はそもそも持っている資格が異なります。美容師は美容師国家資格を持っている人、理容師は理容師国家資格を持っている人です。 美容師国家資格と理容師国家資格では、提供できる施術内容・サービスに違いがあります。
大きな違いとしては、カミソリを使用した顔そりが出来るか出来ないかということです。
ただし、美容師でも「化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行っても差し支えない」とされています。

法律の違い

美容師法、理容師法では「美容」と「理容」についてそれぞれ以下のように定義されています。

理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう
(理容師法第1条の2)

美容とは、パーマネント・ウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう
(美容師法第2条)

このように、美容師・理容師ではない人にとってはその違いは分かりづらいのですが、制度としては全く別のものなのです。 そのため、美容師になりたい人は理美容専門学校の美容科に進学する必要がありますし、理容師になりたい人は理容科に進学する必要があります。
ちなみに、美容室や理容室のオーナー・店長の方の中には、美容師と理容師の両方の国家資格を持った方も多くいらっしゃいます。

美容室と理容室の違いとは?

では、美容室と理容室の違いはどこにあるのでしょうか?
サインポール(赤青白の3色で構成された円筒状の看板)が設置されているのが理容室、というわけではありません。 美容室や理容室を開設するには、都道府県知事(ただし、保健所を設置している市については市長に、東京都の場合は特別区の区長)に開設届を提出する必要があります。そのため、この開設届の内容によって、美容室なのか理容室なのかが決まります。そのため、美容室だと思っていたサロンが実は理容室で届出をされていたりもします。
もちろん美容法・理容法に定められている通り、理容室で美容師の人は働けませんし、美容室で理容師の人が働くこともできません。ただし、店舗の広さなどの要件を満たす場合は、美容室と理容室を併設することができます。